老人性イボを消そう|貴方らしくいられるように

婦人

大きなバストを手に入れる

胸

自分の脂肪を使って安全に

最近では形成外科の進歩も目覚ましいものがあり、日々安全で高度な方法が増えています。豊胸の技術も例外ではなく安全で自然でバレない胸に人気があるようです。最近の豊胸は自身の体から脂肪を抜いて注入する方法において脂肪の定着率を上げた施術などが注目されています。一番簡単な脂肪注入は片側150g程度で定着率は3〜40%ほどです。ピュアグラフトと呼ばれる方法は脂肪を抜いたあとに不純物を除去してから注入を行うため、定着率が50〜60%で注入量も250g以上です。コンデンスリッチは脂肪の不純物に加えて老化した細胞も除去するため更に定着率は高く80%位で、300〜400gの注入量です。これらの豊胸術は自身の脂肪を使うことで痩身も出来るメリットがあります。

バッグを入れる方法

昔からあるシリコンのバッグなどを入れる豊胸手術は、最近では内容物の種類も増えておりシリコンジェルや生理食塩水をはじめとしてムコ多糖類やより自然な感触のCMCや粘性の高いコヒーシブシリコンなどがあります。手術は切開してバッグを入れるわけですが、バストにある程度の大きさが元々ある方はわきの下や乳輪を切開して乳腺下にバッグを入れ、皮下脂肪の薄い方はわきの下を切開して大胸筋の下にバッグを入れます。皮下脂肪の厚い方はわきの下を切開して乳腺と大胸筋の間に入れます。どのバッグを使ってどういう施術を行うのかは元々の体型などが大きく関わっています。バッグを入れる施術の最大のメリットは確実に胸を大きくすることが出来て、それがしぼんだりせずに永続的に続くことです。