老人性イボを消そう|貴方らしくいられるように

女の人

手術前の心得と増える需要

女医

美容整形には様々な種類があり、医師とよく相談する事で、より自分の希望に沿った整形が受けられます。コンプレックス解消の手段として利用されてきた美容整形は、近年安全性が高まりプチ整形の登場によりさらに需要が増しています。

詳しく見る

大きなバストを手に入れる

胸

最近では豊胸の技術も進化を遂げており、より安全で、自然な胸にする方法に注目が集まっています。中でも自身の脂肪を使って注入する方法は脂肪定着率を上げる施術が出てきました。また、従来からあるシリコンや生理食塩水などを入れる方法は確実に胸が大きくなり、しぼむこともありません。

詳しく見る

失った乳房を取り戻すため

バストを測る人

乳房再建は何らかの理由で乳房を失ってしまった女性のために、乳房を再び作ることができる手術です。手術方法も種類があり、その時の状態に応じて選択することができます。女性の自信を取り戻すためにも有効な手術です。

詳しく見る

皮膚の老化で起こる現象

ウーマン

大小さまざまなイボが発生

年齢が進むとお肌にはさまざまな変化があらわれますが、老人性イボもその1つです。老人性イボは、正式名称を脂漏性角化症といいます。良性の腫瘍なので放置しておいても支障ありませんが、顔などにできると美容上の問題が生じます。老人性イボの大きさは数ミリから数センチ、色も黒・茶色・紫色などさまざまです。シミのように色が変わるだけの場合もあれば、大きく盛り上がることもあります。名前からも分かるとおり、老人性イボは皮膚の老化現象の1つと考えられています。ただ、紫外線を頻繁に浴びることで肌がダメージを受ける光老化と呼ばれる現象も関係していると考えられており、若いうちから発症する人もいます。老人性イボにはさまざまな治療法があります。最近では負担の少ないレーザー治療も普及しており、人気を呼んでいます。

ケースバイケースの治療法

老人性イボは足の裏などごく一部を除いては全身のどこにでもできる可能性がありますが、ふだん露出している部分によく発症します。顔はもちろんのこと、手の甲や頭の中などにできやすい傾向があります。また、放っておくと年々少しずつ大きくなります。老人性イボの治療は、美容皮膚科や美容外科などで取り扱っています。凍結療法やレーザー治療などがよく用いられます。凍結療法とは、液体窒素を用いた治療です。氷点下200度近い液体窒素を患部に接触させ、組織を壊死させて取り除きます。一方、レーザー治療は患部にレーザーを照射してイボを削り取るという治療です。治りが早く、周辺組織への害も少ないというメリットがあります。イボが非常に大きい場合などは、メスを使って切除することもあります。